重要なお知らせ

○ 平成30年度スマートウェルネス拠点整備事業について募集を開始しました。
 平成30年度は、下記①~③の点に特に注意してください
 ①消費税及び地方消費税は、補助対象外となります。
 ②高齢者生活支援施設のうち、介護関連施設等の新築に係る事業費を補助対象外となります。ただし、経過措置として、平成30年度中に事業に着手する場合は、補助対象とします。
 ③拠点整備事業の補助は平成30年度で終了します。、平成30年度内に事業が完了しない場合は平成30年度完了分(平成31年3月末時点の工事出来高)の補助対象事業に対する補助金交付額となります。

事業概要のダウンロード

スマートウェルネス拠点整備事業の公募概要

 スマートウェルネス拠点整備事業は、住宅団地、共同住宅及び住宅地(以下「住宅団地等」)における高齢者生活支援施設等の「拠点施設」の整備により、高齢者、障害者又は子育て世帯(以下「高齢者等」)の多様な世代が交流し、安心して健康に暮らすことができる環境の整備を図ることを目的としております。

 スマートウェルネス拠点整備事業においては、この観点から、地方公共団体と連携し、当該住宅団地等の管理者等によりスマートウェルネス計画、生涯活躍のまち形成事業計画が定められていることや、一定規模の住宅団地等であることを要件とした拠点施設の整備事業に対して、予算の範囲内において、国が事業の実施に要する費用の一部を補助し支援するものです。

1.募集する事業の種類
 スマートウェルネス拠点整備事業

 【補助額】スマートウェルネス計画(又は市町村が策定する「生涯活躍のまち形成事業計画」の区域内、若しは「地域住宅計画」又は「都市再生整備計画」において子育て支援を図るものとして位置付けられた住宅団地等の区域内において実施する子育て支援施設)に補助要望施設として位置付けられ、別表の拠点施設の整備に係る費用(改修(増改築を含む)又は新築に係る費用。なお、改修を目的として施設等を取得する場合、その取得に要する費用(用地費は除く)も含む。)の1/3以内の額とします。ただし、補助金の額は、1拠点施設当たり1,000万円を上限とします。

2.提出期間
 2018年4月20日(金)~2018年9月28日(金)

3.応募・交付申請方法
 応募・交付申請方法については、応募・交付申請要領をご覧下さい。
 応募・交付申請要領、および応募・交付申請の際の申請書様式、スマートウェルネス計画に関する資料は、本ホームページ(応募・交付申請書等のダウンロード)よりダウンロードしてご使用ください。

4.提出先
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-25 精和ビル5F
 スマートウェルネス住宅等推進事業室 宛

新着情報

2018年4月20日
平成30年度の募集の受付を開始いたしました。