重要なお知らせ

〇2017年2月13日
平成28年度 スマートウェルネス住宅等推進モデル事業のシンポジウム開催が決定しました。
大阪会場(定員100名)・・・平成29年3月17日(金) 13時30分~16時30分
 プログラム及び参加申込書兼受講票(大阪会場)
東京会場(定員150名)・・・平成29年3月21日(火) 13時30分~16時30分
 プログラム及び参加申込書兼受講票(東京会場)
>参加方法:事前に参加の申込みが必要です。参加を希望される場合は、参加申込書兼受講票をダウロードして、 Fax又はメールにて申込みをお願いします。定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。

主なプログラム:
 大阪会場「生活困窮者等への住まいの確保と支援拠点の仕掛け」 基調講演「困窮孤立者のための新しい地域拠点“抱樸館北九州」NPO抱樸、モデル事業選定事例 検証報告 社会福祉法人岐阜羽島ボランティア協会、株式会社クオリア
 東京会場「コミュニティの創生と活性化の仕掛け」 基調講演「Share金沢」社会福祉法人佛子園、モデル事業選定事例 検証報告 株式会社コミュニティネット・一般社団法人コミュニティネットワーク協会、公益財団法人京都YWCA
 会場共通 国土交通省 住宅局 安心居住推進課、スマートウェルネス住宅等推進事業室

○平成28年6月24日(金)~7月27日(水)説明会の全日程は終了しました。
説明会資料を公開しました 8月22日

○ 平成28年度スマートウェルネス拠点整備事業について募集を開始しました。
事業概要のダウンロード

2016年4月28日(金)~ 終了時期は別途お知らせします。
  本ホームページの「応募・交付申請書等のダウンロード」より必要書類をダウンロードしてご使用ください。

2016年1月25日(月) スマートウェルネス計画策定等に係る市区町村の相談窓口をアップしました

2015年7月31日(金) 参考事例をアップしました 参考事例のダウンロード

スマートウェルネス拠点整備事業の公募概要

 スマートウェルネス拠点整備事業は、住宅団地、共同住宅及び住宅地(以下「住宅団地等」)における高齢者生活支援施設等の「拠点施設」の整備により、高齢者、障害者又は子育て世帯(以下「高齢者等」)の多様な世代が交流し、安心して健康に暮らすことができる環境の整備を図ることを目的としております。

 スマートウェルネス拠点整備事業においては、この観点から、地方公共団体と連携し、当該住宅団地等の管理者等によりスマートウェルネス計画、生涯活躍のまち形成事業計画が定められていることや、一定規模の住宅団地等であることを要件とした拠点施設の整備事業に対して、予算の範囲内において、国が事業の実施に要する費用の一部を補助し支援するものです。

1.募集する事業の種類
 スマートウェルネス拠点整備事業

 【補助額】スマートウェルネス計画(又は市町村が策定する「生涯活躍のまち形成事業計画」の区域内)に補助要望施設として位置付けられ、別表の拠点施設の整備に係る費用(改修(増改築を含む)又は新築に係る費用。なお、改修を目的として施設等を取得する場合、その取得に要する費用(用地費は除く)も含む。)の1/3以内の額とします。ただし、補助金の額は、1拠点施設当たり1,000万円を上限とします。

2.提出期間
 2016年4月28日(木)~ 終了時期は別途お知らせします。

3.応募・交付申請方法
 応募・交付申請方法については、応募・交付申請要領をご覧下さい。
 応募・交付申請要領、および応募・交付申請の際の申請書様式、スマートウェルネス計画に関する資料は、本ホームページ(応募・交付申請書等のダウンロード)よりダウンロードしてご使用ください。

4.提出先
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-25 精和ビル6F
 スマートウェルネス住宅等推進事業室 宛

新着情報

2016年4月28日
平成28年度の募集の受付を開始いたしました。